「合唱」をあまり知らない人のための「オトナの男声合唱団」まとめ

ニシダユウダイさん


■「オトナの合唱」をあまり知らないアナタ!

「合唱」というと、
小・中学校の音楽の授業を思い出す方が多いのではないでしょうか?
でも、社会人の合唱団には、あまり馴染みがないですよね。
かれこれ合唱歴13年目になる筆者も、
「合唱」というジャンルについて一言で語ることはできません。
その中でも、特に「男声合唱」は独特のセカイだなぁと思います。

■オトナの合唱が「よくわからない」と言われてしまう3つのワケ…。

1.歌詞の意味が哲学的で、よくわからない。(しかもよく聞き取れない)
2.楽器の演奏よりも、”肉迫してくる感じ”が少しエゲツないので苦手。
3.歌ってる本人らに特有の世界観があるが、「アート」というには何か違う
※「おえコラによる一般人3名に対するアンケート」より
…(´・ω・`)





そこで今回は、
オトナが「男声合唱をやってる4つの理由」をまとめてみました。

1.そもそも「見るもの」というより、「やるもの」だから!

遠くから眺めて考える前に、
「細かいことは良いから、とにかくやってみるもの」のような気がします。
宣伝用のサイトで「男声合唱は見るものじゃない」なんて言っていいのか!?
というツッコミも聞こえてきますが、気にしな~い!ははは!




2.演奏会後の飲み会は、常軌を逸した盛り上がりだから!

筆者が初めて参加した男声合唱団の打ち上げは、乾杯の歓声が2分間も続きました…あほや
「かんぱーーーー!!!!!おおおおーーーーー!!!!!!」
「うぉあーーーー!!!!うぉつかれさまでえええええーーーーss!!!!!!」
「あああああああ!!ぎゃあああああああ!!」




3.お互い、昔から知り合いのような気がするから!

それは“同じ匂い”がするからだと思います。
男声合唱の歴史は、
「大学の男声合唱団」の熱いによって支えられてきたといっても過言ではありません。
社会人の男声合唱団にも、学生時代の部室と同じような、いわゆる「匂う絆」が漂っているかもしれませんね。




4.「声」は、心と身体のバロメーターだから!

男声合唱をやっている人は、やたら元気です。
※団員が営む小料理屋「立(りゅう)」@高田馬場にて
  体が楽器!
  それでも毎回飲んでしまうのは、オトナだからだ!
  小さいことは気にしない!




では、おえコラの人たちは、何故おえコラで歌うのでしょうか?

ずばり、一言でいうと「全員が主役」だから。

こう言うとあまりに月並みですが、「全員が主役」だから
みんなで歌をやる大きな理由の一つは、これなのではないでしょうか。






人の心を揺さぶる音楽をつくろうとするとき、自分の声で伝えようとしたとき、
その人は主役のように輝くんじゃないかなと思います。






それをお互いに誇らしく認め合い、厳しくも高めあおうとする関係って
普通はオトナになると、減っていきますよね。






普段は歌って、飲んで、騒いで、傷つけ傷つき、ツイッターを荒らしたりしてますが、
そこまで本気になれてしまうのは、美しい音楽と、仲間がいるからに他ならないのです。
おえコラには、そんな不思議なパワーがあります。






ほんとかどうかは、【2013年8月4日(日)14:00から】
場所は、文京シビックで確かめてみてください。
会場でお会いしましょう!


OEKORAまとめをアニメで説明♪

 
 再生にはFLASHプラグインが必要です。


まとめTOPへ ページTOPへ